DAIKI FITNESS BLOG

DAIKI FITNESS BLOG page contents h2 { padding: 1rem 2rem; border-bottom: 6px double #000; background: #f4f4f4; }

DAIKI FITNESS BLOG

造形美を意識した筋肉のつけ方、ダイエットの方法、フィットネス関連の情報を配信します

ネットや自己流で筋肉は増やせる?【ジム初心者専用】

f:id:daiki_t1004:20210421182827j:plain

こんにちは!

 

ダイキです。

 

現在はパーソナルトレーナーとして活動しており、ボディコンテストで賞を獲得した経験を元にお客様へのボディメイクアドバイスを仕事として活動しております。

 

徐々に薄着になってくるこの季節。皆様もそろそろ筋トレしなきゃと準備してきている頃なのではないのでしょうか。自宅でトレーニングする人もいれば、近くのジムでトレーニングする人、スポーツなどで楽しみながらダイエットする人。いろんな方法があり、いろんなダイエット方法がありますよね。

しかし、もしあなたがフィットネスジムに通っていてボディメイクを目的と「YouTube動画」や「ネットの情報」を参考にし「自己流トレーニング」を行っているのであれば今すぐ努力の方向性を見直しましょう。そのまま行くと大変なことになって取り返しのつかないものになってしまいます。

では具体的にどのような事態になってしまうのか。今回はネットや自己流トレーニングでボディメイクは出来ないをテーマにお話ししていきたいと思います。

 

この記事を見たあなたは、「正しい努力の方向性」を身につけることができ、結果的には「時間」と「お金」を節約することができるでしょう。

 

自己流でトレーニングはNG

f:id:daiki_t1004:20210421183003j:plain

結論、自己流トレーニングは絶対にやめましょう。なぜならば自己流トレーニングは本来トレーニングそのものの効果を手に入れづらく、ケガをするリスクを高めてしまったり、ひどい方だと一生松葉づえをついての生活になってしまうからです。

 

なぜそこまで言うのか?それにはきちんとした理由があります。自己流トレーニングが本来のトレーニング効果を手に入れられないのは「原理原則」をしっかりと理解しなければならないからです。原理原則については前回の記事にも書かせて頂きましたが、それらの条件をそろえなければボディメイクをするのにかなりの時間がかかってしまいます。そして時間がかかればそれに比例してお金も発生し、同時に無駄に消化してしまう恐れがあるので、まず「原理原則」をしっかりと理解しましょう。

原理原則についてはコチラ↓


次に自己流トレーニングがケガをするリスクが高くなってしまうのは「自分では正しいと思っているフォームが実は間違っている」という事例が多いから。

実際に、胸を鍛える「ベンチプレス」で肘や方を痛めてしまう方。背面全体を鍛える「デットリフト」で腰を痛めてしまう方、下半身のトレーニングである「スクワット」で膝を痛めてしまう方。非常に多くいらっしゃいます。もしこれを見ているトレーニング中上級者の方も「たしかに…。」と思われる方が多いのではないのでしょうか。

ケガをしない正しいフォームを獲得するためには、2つの条件が必要です。

・現状のフォームを客観視できる力

・筋肉の起始停止を理解する力

これらの条件を達成できるとボディメイクが今よりも加速し、ケガをせずに楽しく運動することが出来るでしょう。客観視するためには動画を撮ってみたり、トレーニングに詳しい人と一緒にトレーニングしたり、専門家に見てもらったりすると対策ができます。また、筋肉の起始停止は本を読んでみたり、その情報をネットで検索したり(基本的な解剖学などはネットで検索しても参考になります。)トレーニングに詳しい人に教えてもらったりするのが一番いいと思います。どちらにせよ、ケガをせずに効率よくトレーニングを行う為には人の力が必ず必要となってきます。

 

自己流トレーニングで起こった結末

f:id:daiki_t1004:20210421183050j:plain

「いやいや、ダイキさん。自己流でも流石に筋肉は成長するんじゃないんですか?」とおっしゃる方もいらっしゃるのかもしれません。確かに、私自身も運動には自信があり、自己流トレーニングを2年間続けた経験があります。初めは自己流で、その次にユーチューブや有名インフルエンサーの行なっているトレーニングに挑戦し、週6〜7のトレーニングと1時間の有酸素運動(ランニングなど)を行いました。誰しもが「そこまで頑張ったなら体は変わるだろう。」と思われるはずの運動量をこなし、その努力を信じて行動し続けた結果。体の変化はそこまで大きく変わることはありませんでした。

海に行った時の写真を比較してもそこまで筋肉量がついたという実感がなく、筋肉をつけたいのにむしろ「痩せてしまっている。」という現象が起こり、さらには胸を鍛えるベンチプレスという種目で左肩を壊したので「自分は筋トレ向いていないんじゃないか、、。」と思ったことさえあります。

しかし、それは先ほど言った「原理原則」を理解していなかっただけであって、正しい努力を行うことにより体が成長し、現在では大会で入賞するまでに至ることができました。

努力には方向性が存在し、間違った努力を続けてしまうと遠回りするどころか健康被害まで及んでしまいますので、注意が必要になることでしょう。

 

ネットの筋トレ動画も参考程度に

f:id:daiki_t1004:20200620142120j:plain

上記ではYouTubeやネットのやり方は真似しない方がいいとは言いましたが、かといってネット全ての情報が間違っているとは限りません。ただ、「嘘を嘘と見抜く力」がとても重要になってきます。

日本のフィットネス人口は100%中、3〜4%くらいにしか存在しません。アメリカは20%、フィリピンでは21%というデータもあります。日本はいわばフィットネス後進国とも言われているくらいなので、テレビやラジオ、ネットなどには嘘で溢れかえっています。例えば某テレビでは「痩せ筋とムキムキ筋で、痩せ筋を鍛えなければ女性でも筋肉ムキムキになりますよ!」という情報。あれもどの定義でどの論文を読んで提唱したのかがさっぱり検討がつきません。このように個人の勝手な偏見などで平気で嘘をつくような世の中になっておりますので、「自分の身は自分で守る」必要があります。

 

では、どうしたらそのような嘘を見抜くことができるのでしょうか。答えは専門家に直接質問を投げかける。これに尽きます。フィットネス業界で有名な「山本義徳 先生」も確かな情報を伝えてくださり、とてもタメになる情報をYouTubeなどで発信しておりますが、その情報自体がその人に当てはまる物なのかを知る必要があり、ただ真似をしても怪我をしたり、結果が出ないことだって普通にあります。大事なのはYouTubeなどの無料の媒体で知ろうとするのではなく、お金を払ってでもそれが自分にとって当てはまる物なのかを直接質問を投げかけ、真実を知る。ことが大事になるのです。

 

結論その道のプロに直接お願いすることが理想

f:id:daiki_t1004:20190905122020j:plain

「運動ごときでお金払うのはちょっと、、、。」って感じる方も珍しくないと思います。私自身もそのように考えてきた人間の一人です。昔は体育などの授業で運動の方法や部活動などで運動をしてきた方は特にそう感じるかとは思います。

しかし、運動も深くしれば知るほど複雑なもので、ボディメイクすらも簡単じゃないことを知識を深めれば理解することができます。やはり「対価相当分の価値」をお金を払うと手に入れられるものがあります。余程の詐欺師でない限りは絶対の価値がそこに存在します。

実際に私自身も「パーソナルトレーニング」を受けてから体を変えることができ、ボディメイクに成功した経験がございますので確かな真実はそこにあると感じました。トレーナーだからそう言っているんでしょ?と思われるかもしれませんが、逆に自分がそのような経験をしたので他の方にも知って欲しいという思いでトレーナーとして活動しているのもあります。やはりプロの方は素人の方とは情報量が全然違うので学ぶことが多くなります。そうすることで時間の節約になり、時間を節約できればお金の節約になります。お金の節約ができれば安く結果を得ることができるのでそういった認識でいると将来長い年月で得をすることができるでしょう。

これを機にパーソナルトレーニングはちょっと高いと思われている方々も一度パーソナルトレーニングを受けてみてはいかがでしょうか。そこからあなたの考え方、あるいは人生そのものがそこから変わるのかもしれません☺